2011年11月12日

乾癬 かんせん

乾癬でも一番症例の多い尋常性乾癬は、皮膚病である「炎症性角化症」のひとつに分類されるようです。尋常性乾癬の症状としては、赤く盛り上がった紅斑の上に、分厚く鱗屑(りんせつ)が付着して、ポロポロ剥がれ落ちるものです。この紅斑とは、健康な皮膚との境目がはっきりしてくることです。初めのうちとしては、外部と接触する機会が多い場所、つまり「頭」、「肘」、「膝」に発症する場合が多くて、大変ですが、痒みについては人それぞれで、とてもひどい痒みを訴える方もいれば、さいわい痒みが全く現れないひともいるようですね。
そんな乾癬 かんせんを自宅で治す治療法があるようですね。
posted by 緑林竹千代 at 21:46| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。