2012年11月12日

造花?

新しい花として話題ですが、プリザードフラワーとかプリザーブドとかプリザービングフラワー、プリザーブドとかいろいろ言われています。それがこのようなアレンジする花になり、プリザーブドフラワーと呼ばれるようになりました。

「プリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味ですが、eservedflowerで保存された花となります。プリザーブドフラワーとは、枯れない花、花がそのままいつまでも咲き続ける花です。

造花

英語を日本語にしたのですから、いろんな呼び方があります。プリザーブドフラワーと呼ばれるその花は自然の風合いを残した特殊な花です。

ヨーロッパのイタリア、フランスで生み出された、プリザーブドフラワー。当初の目的は生花を長持ちさせるための技術開発でした。
posted by 緑林竹千代 at 21:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。